ICU留学生インターンシップはじまりました。(9/28・1日目)

先日9/10に参加した、ICU留学生のインターンシップのためのオリエンテーション
こちらでヒトコトヤの取組や活動をご紹介した際に、ヒトコトヤに興味を持ちインターンシップを希望する2人の留学生から連絡をいただき、
このたびインターン生としてお迎えすることになりました。
アメリカ・ミドルベリー大学からICUに留学している、カディラさん(左)シルヴィアさん(右)、ヒトコトヤ代表の宇山(中央)

インターンシップ初日の今日9/28は、
2人に日本の地方を体験してもらうべく、
「広島」「青森」の2つのエリアを選び、関係各所の方々にご協力いただきました。

まず三鷹から銀座へ向かい、
銀座・広島ブランドショップTAUさんへおじゃましました。

こちらは、東京で広島県の商品や素材を広く東京でご紹介する場所。
イベントも多く開催されています。
村上店長に、館内を案内していただきました。
3階はイタリアンレストラン兼イベントスペース。
2階にはお好み焼き店、カープグッズ売り場、熊野筆ショップ、情報コーナーなど。
村上店長から各ショップの特徴を伺いました。
2階には広島のお酒売り場もあります。
種類の多さにビックリする2人。
1階は食材のフロア。
広島県内の山の幸、海の幸がたくさんあります。
レモンを使った商品の多さに、興味津々です♪

村上店長、ありがとうございました!

そして徒歩で有楽町・交通会館内に所在する、NPOふるさと回帰支援センターへ伺いました。

先ほど、広島ブランドショップTAUにて広島の品々に県内の広さとエリアそれぞれの個性を体感したあとは、「暮らすまち」としての魅力を伝え繋ぐお手伝いをする窓口におじゃまいたしました。

ひろしまライフスタイリスト平野奈都子さんに、広島県での暮らしを選んだ人たちの実例、「暮らし」の可能性などを伺いました。
和やかな雰囲気の中質問も出るなど、アメリカと日本の違いとそれぞれの良さも認識できた時間となりました。
平野さん(左端)、吉岡さん(右端)
ありがとうございました!

そして、赤坂に移動し、
青森のアンテナショップ&情報センター
アオモリンク赤坂へ。

青森の食材を使った、期間限定のオリジナルバーガーを昼食に。
あまりの美味しさに、大感激の2人でした‼︎
昼食後、青森市役所の伊藤さんから「青森ねぶた」や「リンゴ」をはじめとした青森の文化や特産品の特徴などを伺いました。

ショップエリアにて、実際の商品を手にとったり、試飲などで食文化を体験。
リンゴのみならず、
日本一の生産量を誇る「青森カシス」の商品は、2人には初めての味わいでした。
「青森ねぶた」で跳人が腰につける鈴の作り方も教わりました。
丁寧な説明をしてくださる伊藤さん(左)、アオモリンクスタッフ齋藤さん(左から2人目)
「ここはただ青森の商品を販売する場所ではなく、青森の魅力を伝え、繋ぐ場所です。」
という伊藤さんの言葉が印象的でした。
アオモリンクのみなさま、ありがとうございました!

東京の「広島」「青森」をぐるりと体験したあとは、
三鷹に戻り、三鷹のハンモックカフェにて1日の振り返りと今後のスケジュールなどの確認。

こうしてインターンシップ1日目は無事終了。
良く歩き、出会いの多い1日となりました。
カディラさん、シルヴィアさん、
1日、おつかれさまでした!

次回もよろしくお願いします☆

ヒトコトヤ hitokotoya

日本全国の魅力ある人(ヒト)と 品・出来事(コト)をヒトコト添えてお届けします。 ヒトコトヤセレクト商品の販売、ヒトコトヤ企画のワークショップ・イベント開催も展開中

0コメント

  • 1000 / 1000